経済的自由を手に入れるには海外不動産投資が一番!?
日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フィリピンにて現金5億円を不動産に投資。 物件は主にキャッシュフロー目的で長期保有を前提に購入。 実際に体験した海外不動産投資に関する失敗談などを配信。
New Entries
2015.01.16 Fri
アメリカの不動産物件をAirbnbで運用したらどうなる? Airbnb投資に挑戦!


前回「Airbnbを使ってハワイの物件を貸し出したら利回りはどうなる?
と同じAirbnbネタです。 Airbnbの説明は前回の記事を参照してください。

前回はAirbnbを使ってハワイの物件を回した場合の利回りなどザックリ計算しました。
結果、ハワイは物件も管理費も高いので割に合わないという結論になりました。

しかし、ハワイだから採算が合わないものの別の州でAirbnbで物件を回したらどうなるでしょうか?

■アメリカでAirbnbを使うならどの地域が良い?


Airbnbは基本観光目的の人達がホテルの代わりに使います。
その為、観光地でハイシーズン、ローシーズンが少ない地域が望ましいです。
またアメリカでは又貸し契約でAirbnbを使う事はそうとう厳しいので、
物件を自分で買う必要があるので、物件価格が安い場所。

まとめると、年中観光客が訪れて、物件価格の安い地域という事になりますね。

その代表的な場所がネバダ州のラスベガスになります。

■実際にラスベガスで物件を買って1年間Airbnbで回した人の例


ネットでAirbnb投資関連で情報を探していると
アメリカ人でラスベガスでアパート1室を購入して1年間運用した人のブログを見つけました。

とても参考になったので共有したいと思います。

その人はラスベガス近くにアパート1室を4万ドルで購入して、
フローリング等の張替、テレビ等を含む家具一式を1万ドルで揃えました。

合計5万ドルの投資でAirbnb経由で運用を開始して1年間の結果がこちらです。

費用
マンション購入にかかった費用:4万ドル
改装と家具購入にかかった費用:1万ドル

売上
年間売上:1万9613ドル
毎月の平均売上:1643ドル
毎月のおおよその利益:1134ドル(清掃・光熱費などを差し引いた額)
年間利益:1万3608ドル

利回り的には
表面:約40%
実質:約27%

と驚異的な数字が出てきました。
表面と実質の差が激しいのは毎回ゲストが出ていった際のクリーニング代が大きいのでしょう。
しかしながら、それでも実質27%ですので4年で物件価格をペイ出来てしまいます。

■Airbnb投資は物件近くに住んでいないと無理じゃない?


こちらのアメリカ人ですが、ラスベガスに住んでいる訳ではありません。
その為、クレイズスリストでクリーニングしてくる人を探したり、
鍵の受け渡し等も電子カギを付けてゲストの電話で施錠・解錠できるようにしたり、
良い管理会社を探したりと運用には色々と工夫と苦労があるようです。

工夫と努力次第では遠隔でもAirbnb投資が行えるようです。

■日本からでも遠隔Airbnb投資できるかな?


日本からでも可能だと思います。
しかしながら基本的にホテル業ですので、ゲストからの質問等に迅速に答える必要があります。
Airbnbのサイトにもホストの返信速度や返信率が表示されるほど重要な項目です。
日本からだと時差があるので迅速な対応はできないかもしれません。

■ホストの代わりにAirbnbでの運用を代行してくれる業者ってあるのかな?


自分でホストとしてゲストを対応してないでも、ゲストの対応、クリーニング等を
代行してくれる管理会社って存在していなのでしょうか? 

表面で40%でるなら利益を折半しても実質利回り20%もあります。
通常管理会社は10%ほどの管理費を取っていますが、折半の場合50%になります。
これだけあれば、ある程度面倒があっても十分利益が出るでしょう。

ネットで検索する限りみないので、規約違反なのかもしれません。。。

■Airbnbで失敗しても全然問題ないのが最大のメリット!


Airbnbで運用するにも失敗する場合があります。物件を購入するのが前提なので
場所の選定に失敗すると致命的です。 また悪いレビューが付いたら急にゲストの動きが悪くなるようです。

しかし物件はデトロイトやオハイオ州のようなハイリスクな地域ではなく、
Airbnbで失敗してもその後は転売可能、テナント付けが可能な地域です。

そう考えると挑戦する価値のある面白い投資?ビジネスかもしれませんね。



関連記事
*ブログ移転しました。
新しいブログはこちらになります。 → SAWAAZUMI.COM


海外不動産投資全般18:03コメント:0トラックバック:0TOP↑

コメントの投稿

コメント